fc2ブログ

流木作品

ニスなど一切塗らず制作する伝統的な技法を指導しております。

流木作品 (流木ア-ト)w27


@@48.jpg
流木作品 (流木ア-ト)w27
京都流木民芸(創作アドバイス)
伝統の技法を活かしつつ現代的にアレンジし制作する作品は乾拭きを行うだけで,
重量感のある奥深い色艶へと変わって来ます。
作品は公式ホ-ムペ-ジ『京都流木民芸 工房むらかみ』に載っております


スポンサーサイト



  1. 2022/01/19(水) 14:54:40|
  2. 流木作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流木作品 (流木ア-ト)ぬ46


御土居3
流木作品 (流木ア-ト)ぬ46
京都流木民芸(創作アドバイス)

京都の社寺仏閣(ライトアップ)
北野天満宮(きたのてんまんぐう)庭園 京都市上京区馬喰町。

菅原道真(すがわらのみちざね)を主祭神とし学問の神として全国的に知られている神社。毎月25日に縁日が開かれ、多くの参拝者や観光客で賑わう。

特に京都市は大学の町であることもあって揚げられている絵馬には、大学受験合格を祈願するものが多い。福岡県の大宰府(だざいふ)天満宮とともに天神信仰の中心となっており、両天満宮からから全国各地に勧請(かんじょう)が行われている。

平安時代の中期、多治比文子(たじひのあやこ)らによって菅原道真公の御;霊をお祀りしたのが始まりとされている。
延期三年(903)菅原道真が無実の罪で配流(左遷)された大宰府(だざいふ)で没した後、都(京都)では落雷などの災害が相ついだ。これは道真の祟りだとする噂が広まり、御陵信仰(ごりょうしんこう)と結びついて恐れなれた。没後20年目にして朝廷は道真の左遷を撤回し官位を復し正二位を贈る。

江戸時代には菅原道真の御霊としての性格は薄れ、学問の神として広く信仰されるようになり寺子屋などで当神社の分霊が祀られていた。


  1. 2022/01/18(火) 14:54:10|
  2. 流木作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流木作品 (流木ア-ト)w26


@15new0.jpg
流木作品 (流木ア-ト)w26
京都流木民芸(創作アドバイス)

流木とは(総称)です。
流木・生の木などで作る作品全を一般に流木作品と呼んでおります。
ニスやワックス等、塗らず滑らかさや光沢(色艶)を引き出しながら制作
するのが本来の手法です。
本来の手法で制作した作品は年月が経つほど奥深い色艶へと変ってきます。
作品は公式ホ-ムペ-ジ『京都流木民芸 工房むらかみ』に載っております


  1. 2022/01/17(月) 03:36:23|
  2. 流木作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流木作品 (流木ア-ト)ぬ44


八坂5 すみ
流木作品 (流木ア-ト)ぬ44
京都流木民芸(創作アドバイス)

京都の社寺仏閣(ライトアップ)
八坂の塔(やさかのとう)正式名、法観寺 (ほうかんじ)京都市東山区清水八坂上町388

街中にそびえ立つ通称「八坂の塔」と呼ばれ、周辺のランドマークとなっている。境内は狭く、塔以外に目だった建築物がないことから、「八坂の塔」は、寺自体を指す通称ともなっている。

伝承によれば、当寺の五重塔は592年聖徳太子が妙意輪(にょういりん)観音の夢告により建てたとされ、その際、仏舎利を三粒を収めて法観寺(ほうかんじ)と号したという。平安京遷都以前から存在した古い寺院であることは確かなようであり、朝鮮半島系の渡来氏族・八坂氏の氏寺として創建されたという見方が有力であるという。
治承三年(1179)、火災で焼失したが源頼朝(みなもとのよりとも)により再建された。その後も何度か焼失したがその都度再建されている。 現在の塔は足利義教(あしかがよしのり)、室町幕府第6代将軍により再建されたもの。
戦国時代には、地方から上洛した大名が、ここに定紋入りの旗を掲げることによって、誰が新しい支配者・天下人になったかを世人に知らせたという。
五重塔は高さ49mで東寺(とうじ)、興福寺(こうふくじ)、の五重塔に次ぐ高さをもつ、純和様本瓦葺の建築である。中心の礎石は創建当初のものが残っておりそのまま使われている。初層内部には大日如来(だいにちにょらい)を中心とする五智如来(ごちにょらい)像を安置する。塔の中は公開されることもあり礎石の上の心柱や諸仏を見ることができる。また階段を二層目まで登ることもでき窓から京の町並みを眺望できる。重要文化財に指定されている。


  1. 2022/01/14(金) 12:14:08|
  2. 流木作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流木作品 (流木ア-ト)w25


k10new0.jpg
流木作品 (流木ア-ト)w25
京都流木民芸(創作アドバイス)
作品制作を始めて大事なことは、まず身近な人に感動を与えることに始まります。
粗雑な制作法が身につくと後々まで粗雑な作品しか創る事ができません。
伝統の技法で創る作品は世間へ魅了させるだけで無く後世まで繋ぐ作品となります。
作品は公式ホ-ムペ-ジ『京都流木民芸 工房むらかみ』に載っております


  1. 2022/01/11(火) 15:10:41|
  2. 流木作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ